格安SIMとSIMフリースマホとは

格安SIMとは、iPhoneやAndroidスマホ等に入っているICカードで、このカードに電話番号を特定できる番号等の記録が書き込まれており、このICカードが入っていないとスマホの操作は一切出来ません。

格安SIMとは、そのICカードの発行元が格安スマホ等を取り扱う通信会社で発行した物で、一般的に格安スマホや格安SIMを混同してしまう場合も有ります。

格安スマホを契約する場合に大切な事は、このSIMカードのサイズを間違えない事です。SIMカードは3つのサイズに分かれており、標準SIM、microSIM、nanoSIMが有ります。

特に近年はSIMカードも小型が進んでおりnanoSIMが主流となっております。その為、格安スマホに乗り換える場合や、格安スマホの端末を買い替える場合にはこのSIMカードのサイズを必ず確認しましょう。

仮にSIMカードのサイズが異なる場合には、スマホ本体に合わせたSIMサイズに変更する事が出来ますが、手数料が3,000円程掛かったり、新しいSIMカードが手元に届くまでに2週間ほどスマホが使用出来なくなる場合が有ります。

次に格安SIMと合わせて理解しておく事が必要なのが、SIMロックとSIMフリーと言う言葉です。

SIMロックとは、大手キャリアが利用するSIMカードの方式で、自社のSIMカード以外のSIMカードを入れた場合、そのカードを認識出来ない様にロックを掛けている事を意味します。

一方、SIMフリーはその逆で、スマホ本体のSIMロックが掛けられていない状態を指し、格安スマホ各社が発行するSIMカードを入れればスマホを使う事が出来ます。

この事から、格安スマホを契約する場合には、このSIMフリーに対応したスマホ端末が必要になります。

但し、現在一般的に格安スマホを契約する通信会社では、多くの種類のSIMフリースマホ端末の販売も行っておりますので、スマホ端末の選択に苦労する事は有りません。又、従来大手キャリアを利用していた場合は、そのキャリアショップやWebサイト等でSIMロックの解除を行う事が出来ますが、大手キャリアショップに頼む場合には有料になります。

又、このSIMロックと呼ばれる方法は、日本の大手キャリアが行っている手法で、海外の場合は基本的にSIMフリーと呼ばれる状態でスマホ端末を購入出来、更にSIMカードを別で購入する事が出来ます。

その為、海外生活が長かった方の中には、このSIMフリースマホを望む人も多くおります。