DMMモバイルのSIMを契約した結果

現在、シロロムと言われるiPhone6pulasをオークションサイトで落札して実際にキャリアで契約している携帯電話はガラケーで通話のみ利用している状況で毎月1000円を切る状況です。

シロロムのiPhone6pulasをDMMモバイルの格安SIM月々1G利用まで500円の料金で活用出来るプランに加入して実際に携帯電話で毎月使っている金額は1400円程度の金額です。

通常に皆さんが活用しているスマートフォンの使用料金の平均が6000円を超える形であれば通話料も込みでこの値段であればかなり破格な金額になります。

スマートフォンをキャリアで契約すると2年縛りで契約を行ったりメリットと呼べる部分が薄れてきます。

現状でSIMフリーを認めている状況である所でも、格安のSIMを取り扱っている業者は増えていてそれこそワンコインで契約が行える所も多い様です。

ゲームなどをしている人にとっては1Gでは全然足りないかたちになりますが、それこそ2G契約で700円や他にも3Gや毎月使うであろう金額に合わせてそれぞれの業態でプランを設けています。

その料金プランで毎月自分にあったデータ通信を行いそこで料金も決まっていきます。

私の活用している毎月1Gまでのプランが一番安い料金プランで500円となっていてそれは常識的に考えるとやはり契約しない手はありません。

しかしキャリアに拘っている人も多くいるのも現状であり、例えば通常の設定プラント合わせて格安SIMを契約すると言った方法をとっている人も多い様です。

キャリアではスマートフォンの電話の部分を登録して、データ通信などインターネットの活用は格安SIMを差し替えて活用すると言った方法も利用する用途に合わせて行えば料金の節約が行えます。

こうして活用を分けていればそれこそ料金は毎月かかるものであり、そのランニングコストを削減する方法となります。

DMMモバイルが打ち出したプランは他所の企業もそれなりに下げた料金設定を行っているなど、例えば2Gを活用するのであれば違う企業が安く提供している所もあります。

今ではこうした価格帯の競走は激しくなっていて、やはり通信業態では格安SIMの契約を沢山とっている所も増えています。

SIMの契約を取ればそれこそ毎月その料金を売り上げる事が出来ると言った部分も企業にとっては参加する意味も有り、個人にとってもそこでの価格競争はとても嬉しいと感じています。